東京都文京区にある、自由保育を中心とした幼稚園です

保育方針


愛星幼稚園は日本基督教団小石川白山教会に属する、キリスト教主義の少人数制の幼稚園です。
目まぐるしく変化する時代の中で、目先のことに心を惑わされず、善いこと・悪いことを
しっかり伝えていきます。


  
沿革

1919(大正8)年4月米国福音教会宣教師スーザン・ヴァンファインド女史によって、 小石川白山教会附属幼稚園として設立されました。
以来、1900人以上の卒園生を送り出しています。


  
保育方針
  1. キリストの愛に基づく教育
    一人一人の子供を神様から与えられたかけがえのない存在として受け止め、共に見、聞き、考えることを通して生きる喜びを広げることを教育の中心とします。

  2. 自由遊びを中心とした教育
    のびのびとした生活の中で子供の自発的な行動を教師が助け、その中で豊かな感性を育てます。

  3. 個性を尊重した教育
    一人一人の子供の発達段階の違いを受け入れ、それぞれの成長を助けます。また友達を思いやる温かい心を育てるように努力します。


  
自由遊びについて

自由遊びとは、子どもの自発性を基盤に保育者が言葉かけをしながら、子どもが主人公になって遊びが輝いて、広がっていく活動のことです。
幼児にとって遊びは生活であり学習です。遊びによって子どもの自発性、創造力、集中力、知的能力が育ちます。
愛星幼稚園では子どもを画一的に枠にはめず、自主性・個性を大切にし、祈りつつ、待ち、信じ、焦らずにゆったりと保育します。

ページのトップへ戻る