東京都文京区にある、自由保育を中心とした幼稚園です

2016年10月28日(金)に愛星フェスタを開催しました。2017年度は10月27日(金)に予定しています。


愛星フェスタは年に一度、保護者が主催する園児のための"お祭り"です。
『おかいもの』『あそび』『人形劇』などのチームに分かれて、お仕事をされている方、小さい弟妹さんの
いらっしゃる方も無理のない範囲で、子どもたちに喜んでもらうことを目指して準備をします。
チームはクラスの垣根を越えて編成され、保護者同士の親睦を深めるとてもよい機会でもあります。


<おかいもの>
各ご家庭から献品を集い、おもちゃ屋さん、ぬいぐるみ屋さん、本屋さん…素敵なお店が並びました。


お母さんたちのお手伝い役の年長さんたちの「いらっしゃいませ!」という元気な声に誘われ、皆で楽しくお買い物ごっこ。それぞれが欲しい物を買うことが出来ました。「フェスタで買ったおもちゃ」は特別な存在で、おうちに帰ってからも楽しい余韻が続きます。


<あそび>
あそびチーム一丸となって製作した道具を使い、様々なアトラクションを楽しみました。今年の目玉は「忍者サーキット」。忍者になりきってまずは鉢巻。お城の中に入り込み、敵をやっつけ川を越え...。みんな忍者になりきって楽しんくれました。


ビリビリに破いた新聞紙のプールで泳いだり、トーマスに向かってボールを投げて高得点が取れるまで何度も挑戦したり、『魚つり』では折り紙で作った景品を夢中で釣り上げたり、園庭は子ども達の歓声であふれていました。


<人形劇>
2016年度は「赤ずきんちゃん」を公演しました。音楽はピアノとバイオリンの生演奏。人形や小道具は代々受け継がれてきたものを必要に応じて手直しして使います。


練習して演じるのは保護者のお母さんたちですが、当日の子どもたちの喜ぶ顔やリアクションで本当の意味で完成することが出来ました。


今年は未就園の小さなお客さまも遊びに来てくださり、愛星フェスタの雰囲気を一緒に楽しんでいただくことができました。
心配していた天候にも恵まれ、子ども達が楽しく遊んでいる姿がほほえましく、とてもうれしい気持ちで過ごせた一日でした。


ページのトップへ戻る